« 今日読んだ本。No.35 | トップページ | 今日読んだ本。No.37 »

今日読んだ本。No.36

今日はお昼ご飯を食べたあと、薬局に行き泡石鹸とコットン、ウーロン茶と野菜ジュースを買う。帰りにミニストップに寄って白桃ピーチパフェを食べる。桃があまり甘くなくて、こんなもんかなぁと思い帰宅snail

音楽をかけながら本を読む。このところ『すーちゃん』益田ミリ(幻冬舎)を何回も読み直しています。
30代独身のすーちゃん(カフェ店員・34歳)と、友人のまいちゃん(営業・美人)の仕事と恋と日常を描いたマンガなのですが、どちらにも共感できて頷けることばかり。
汚れたふきんの話や
(むくれてしまったアルバイトをなだめながら)「アンタ/別に辞めてもいいんだよ~」のくだり
「これくらいのイヤミはどうってことない/と、思おうとしている時点であたしは自分が少し傷ついていることを知ってしまう」
「聞きたがり知りたがり/説教好き忠告好き恩きせがましい人/大嫌い/大嫌い大嫌い大嫌い」
etc
読み終えたあとはなんだか心がすっとするような、そしてこの先もなんとかなりそうな、そんな気持ちになりました。

もっと読みたくなって『結婚しなくていいですか。 すーちゃんの明日』も購入。
まいちゃんは結婚してお引越し。今度はすーちゃんとさわ子さん(事務職・もうすぐ40歳)が中心になります。セックスのこと、結婚のこと、介護のこと…
中田マネージャーの家庭観、そしてさわ子さんの恋人の「子どもが産める診断書」のエピソードはほんと「うわー」って感じで「介護要員のための嫁を探してる男につかまらないように」(byすーちゃん)焦らずいこうと思いました。

今回は問題設定の年齢が少し上になっているので、実感としてつかめないところもあったのですが、基本的には前作同様頷いてばかりでした。
女からうける日々こまごましたセクハラや巷に溢れている健康観など、何も考えずに発言して、わたしも知らず知らずのうちに人を傷つけている。
「たくさん考えてたくさん考えたおばあちゃんになるのだ~」(byすーちゃん)
この言葉を胸にわたしも考えていられる人でいたいと思いました。

|

« 今日読んだ本。No.35 | トップページ | 今日読んだ本。No.37 »

本読み日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241780/31386451

この記事へのトラックバック一覧です: 今日読んだ本。No.36:

« 今日読んだ本。No.35 | トップページ | 今日読んだ本。No.37 »