« 今日読んだ本。No.36 | トップページ | 今日読んだ本。No.38 »

今日読んだ本。No.37

『すーちゃん』に続き益田ミリ作品を読みたくなったわたし。

『今日も怒ってしまいました』益田ミリ(文藝春秋)
著者の怒りのエッセイと四コママンガです。
帰省した時や5cmの怒りの話のようなクスリと笑えるものから、ギャラ交渉や妹さんの交通事故のエピソードのようにこっちも「何それannoy」ときてしまうものまで、盛りだくさんです。
わたしが好きなのは「100円玉」のエッセイと4コママンガの「大阪弁」
「大阪弁というだけで得意になっている大阪出身者に東京でよく出会う」
「大阪弁で話すからといって面白いとは限らないのに」

ほんとにそうだよ、よく言ってくれた!(そういう人、結構多いですよねcoldsweats01)著者が大阪出身だけに、より溜飲が下がりました。

そして同じ文春文庫の新刊『ババア・ウォーズ 新たなる美貌』中村うさぎ(文藝春秋)を読みました。
中村うさぎは一時期ハマッていろいろ読みまくってました。買い物依存症に始まりホスト、整形、デリヘル…彼女の美や自意識に対する考察が痛くて(だからすごく共感できた)面白くて。中村うさぎはいろんな意味で先駆者だと思ってみています。今後どこまで行くかはわからないけれど、それを見届けたいと思う人です。
久しぶりの新刊は2006年当時の連載を収録したもの。27歳のウリセンボーイに恋する女王様。いろいろ波乱万丈を経たせいか、はたまた年のせいか昔の勢いは薄れたような気がするもののやはり笑えて、時に鋭い考察にはっとさせられる…女王様節は健在です。次の新作が早く読みたいです。

|

« 今日読んだ本。No.36 | トップページ | 今日読んだ本。No.38 »

本読み日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241780/31386732

この記事へのトラックバック一覧です: 今日読んだ本。No.37:

« 今日読んだ本。No.36 | トップページ | 今日読んだ本。No.38 »