« 昨日と今日 | トップページ | 今日読んだ本。No.70 »

今日読んだ本。No.69

今月の新潮文庫はラインナップがとてもよい。
大型『フィッシュストーリー』『孤宿の人』『ちんぷんかん』はもちろんなのだが、他にも「おっ」と思わせる銘柄がそろっています。

『老師と少年』南直哉(新潮文庫)
生きづらさを感じている少年の訴え、そしてそれに応える老師。老師は決して答えを押し付けない。いや、むしろ答えはないのだと教えてくれる。隠れた名作。

『モタ先生と窓際OLの心がらくになる本』斎藤茂太・斎藤由香(新潮文庫)
仕事・家庭・美容…ストレスだらけの働く女性たちの悩みを窓際OLがモタ先生に代表質問。基本ベースは少欲知足です。あなたも「もっともっと」とモアモア病にかかっていませんか。窓際OL斎藤さんは年齢的にも社会人としてもわたしより先輩。こういう悩みもふりかかってくるのね…と勉強になりました。斎藤さん個人にも興味が湧いてきたので、窓際OLシリーズも読んでみようと思いました。

『白川静さんに学ぶ漢字は楽しい』小山哲郎(新潮文庫)
ずっと気になってた本なので文庫落ちしてとても嬉しいです。
ひとつひとつこんな意味があって成り立ちがあって、わくわくしながら読みました。全く無駄がない。そのことに感動しました。これはとにかく読んでみてとしか言えません。

|

« 昨日と今日 | トップページ | 今日読んだ本。No.70 »

本読み日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241780/32461706

この記事へのトラックバック一覧です: 今日読んだ本。No.69:

« 昨日と今日 | トップページ | 今日読んだ本。No.70 »