« 今日読んだ本。No.83 | トップページ | 今日読んだ本。No.85 »

今日読んだ本。No.84

昨日一昨日と実家に一時帰省。
ほとんど遊んでましたcoldsweats01
近所にお参りに行ったり、整理した本をブックオフに売りに行ったり、不二家でケーキを食べたり、レコ大見たりしてました。
そして初めてびっくりドンキーに。「お試しかっ!」の帰れま10見てたら行ってみたくなってcoldsweats01近所にもないし、実家からも車で2~30分かかるので行ったことなかったのです。チーズバーグディッシュおいしかったです。
そんな中でもちょこちょこと本を読んでました。

『こころの薬』大平健・倉田真由美(新潮文庫)
ベテラン精神科医・大平健と恋愛評論家と言っても過言ではない倉田真由美が現代人のストレスや病気について語り合います。含蓄のある話がいっぱいで「さすが」とつい唸ってしまいます。大平先生のコラム「常識破りのストレス対処法」で「ストレスは発散しないほうがいい」ということが書いてあってびっくりしました。でも確かにそうだ、とも思います。ぜひご一読を。

『スピリチュアリズムを語る』江原啓之(PARCO出版)
第三幕を迎える著者がスピリチュアリズムについて語ります。人生のことから霊視、供養のことまで霊的にかかわることを網羅しています。目次を見た時に自分にはあまり関係なさそう…と思ったのですが、読んでみるとそこから派生する自分自身のあり方などが書かれていて読んでよかったなと思いました。

|

« 今日読んだ本。No.83 | トップページ | 今日読んだ本。No.85 »

本読み日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241780/32799877

この記事へのトラックバック一覧です: 今日読んだ本。No.84:

« 今日読んだ本。No.83 | トップページ | 今日読んだ本。No.85 »